英語ネイティブ発音
オンライン動画講座

 

ー第1話ー
英語を話すならネイティブのようなサウンドが
あなたに不可欠な理由

 

 

今まで勉強してきた英語で、かっこよく話せる自分になれる方法、知りたくありませんか?

 

英語を一生懸命頑張って勉強してきたのに思うように話せない、聞き取れない、と悩む方は少なくありません。

 

ではどうすれば、ネイティブにも通じる英語にできるのか?

 

また、ネイティブ発音とのギャップを生み出しているのは何なのか?

 

英語発音を練習する上で、遠回りしないために何をするべきなのかを解説しています。

 

  • 英語をネイティブ並みに話したい、本当の理由とは?
  • ほとんどの日本人が持つ、ネイティブ発音を阻んでしまう5つの壁
  • 英語学習で見落としがちな「英語サウンド」の重要性
  • 知らずに日本語的な英語を作り出してしまう、本質的な理由
  • 一般のスクールでも個人レッスンでも、ネイティブとのギャップが埋められないわけ
  • ネイティブ発音を作るために欠かせない、3つのポイント

 

 

 

ー第2話ー

ネイティブのような発音を
短期間で
効率的に作る方法

 

 

英語発音を作るのに長期間、時間をかける必要はありません。

 

ネイティブのようなサウンドを作るには、正しい順番とやり方が重要です。

 

発音でを練習していると口や舌の動きを意識しすぎて力んでしまう、なんとなく不自然な感じがする、と思い始めたら、それは次のステップへ上がるためのサインです。

 

そこで必要なことは、力んでしまう口の動きをよりリラックスしていく=ナチュラルな動きに作っていく方法です。

 

英語発音訓練を初期段階で終わらせない、さらにナチュラルに安定した発音にするための方法をあなたにお伝えします!

 

  • 最初が肝心!発音練習のスタートで失敗しないためのポイント
  • 発音を練習すればするほど、不自然に感じてしまうのはなぜ?
  • 日本人はここが苦手!?その問題点は○○でカバーできます!
  • 多くの人が陥ってしまう発音練習の落とし穴
  • 経験者が語る、回り道することなく最短で発音をものにする方法

 

 

 

ー第3話ー

ネイティブのような発音を
手に入れるための
8つのステップ

 

 

英語の口がどんどん鍛えられて、発音がスムーズになってくると、

 

今度は、発音自体を理論的に考えて複雑に感じてしまい、英語そのものの意味が薄まってしまう、という壁にぶち当たるかもしれません。

 

そうなると文章が長くなればなるほど、英語を読むことがしんどくなってきてしまいます。

 

そこは、考える時間を自分に与えないためにも、生の英語の素材を使った音読トレーニングで、感覚的な音読トレーニングにスイッチしていく必要があります。

 

しかしここまでくると英語発音の相当の上級者となっているはずです!

 

そんな上級者になるために、階段を登っていくように1つずつ段階を経てトレーニングを積み重ねていくことが一番の近道です。

 

その近道を誰にでも可能にする、8つのステップをあなたにお教えします。

 

  • 最初は誰でも知っている超簡単なフレーズから練習するのがポイント
  • 考えちゃダメ?感覚的に英語を話すことが大切な理由
  • 発音ができると英語がクリアに聞こえてくる、その理由とは
  • 見過ごしてない?○○を抑えないと英語発音はいくら練習しても上達しないわけ
  • 私にとって発音の変化がもたらしてくれたもの